【レビュー】中華製スマートウォッチ FITNESS TRACKER F29|かなり実用的

スマートウォッチ好きのピーマンですが、なかなかお眼鏡にかなったスマートウォッチも見つけるのは難しいようです。
スマートウォッチは以前にアマゾンで激安スマートウォッチを購入・レビューしていますが、日常使うには難点の大きすぎるものでした。
今回購入したのは、かなり実用的で手に入れやすい価格の中華製スマートウォッチ「FITNESS TRACKER F29」の使い勝手や機能などをレビューしてみます。

スマートウォッチ「FITNESS TRACKER F29」

スマートウォッチ「FITNESS TRACKER F29」

スポンサーリンク

中華製スマートウォッチ FITNESS TRACKER F29

このスマートウォッチF29は中華製です。お手頃価格のスマートウォッチというとどうしても中華製になってしまいます。中華製とひとくくりにしても同じ価格でもピンからキリまでありますし、かなり前にレビューした激安中華製スマートウォッチのように、非常識な低価格でもとりあえずまともに動くものもあるので、こればかりは購入して見るほかありません。おみくじみたいなものですかね(^o^)
今回購入したスマートウォッチ「FITNESS TRACKER F29」は、4,000円程度のスマートウォッチではまともな方で当たりかなと思っています。

使えるのかどうか、疑心暗鬼で購入

今回はYAHOOショッピングで購入。同一製品でもお店によって価格が微妙に違うので、価格を比べて安かったお店で購入。価格は2,480円でした。多分最安値じゃないかな。
調べてみると同一の製品でも4,980円〜2,480円の間で価格がばらついています。
これでも一応は工業製品なので内容はどこでも同じでしょうし、だったら安い方がいいじゃん!ということで決定。翌日届いたのが下の画像のような箱に入った物。

パッケージ内容

ちょっとしゃれた箱に入っていて期待が膨らみます。では中身を開けてみましょう。
同梱品は、スマートウォッチF29本体・取扱説明書・充電ケーブルの3点。
取扱説明書はキチンと日本語で書かれていました。

充電方法

一応充電された状態ではあったのですが、チェックを兼ねて充電してみました。
同梱された充電ケーブルは下の写真のようになっていて、スマートウォッチ本体の電極とは磁力で接続が保たれるように本体にくっつくようになっています。ただ磁石があまり強くないのでうっかりすると外れてしまっていることもあります。ケーブルそのものはよくある固いやつではなくフニャフニャで柔らかく自由度が高いので使いやすいものでした。

充電ケーブル

充電ケーブル:右側大きな○が磁石、2本のピンが充電端子

スマートウォッチの裏面

スマートウォッチの裏面
上部の○2つが充電端子、その下がセンサー、その下の大きな○が体温測定センサー

充電している様子

充電している様子:ケーブルの磁石で接続を保っています。

電池の充電時間と持続時間

充電は開始から約2〜3時間で満充電になります。
電池の持続時間ですが、仕様では7日間となっていますが実際も7〜8日間は持つようです。ただ、電池の残量表示にちょっとクセがあるようで満充電から使い始めて4〜5日間はほとんど減っていない表示をするのですが、それを過ぎると時間と共に急に減っていきます。はじめは「なんて電気を消耗しないんだ、これなら1ヶ月は持つんじゃないか?」と感動していたのですが現実は仕様通りでした。
4〜5日使用したら充電すると電池切れにならなくて良いかも。

電源を入れてみる

電源を入れるには、画面下にうす〜く表示されている指紋部分を長押し(タッチ)します。
電源が入るとバイブレーターが3回ブルブルします。
下は起動したときの画面表示です。電源オフ前の時計画面を記憶しているようです。

画面の時計表示は3種類のみで、適宜変更が可能となっています。
変更方法ですが、画面の指紋マークを長押しすると、画面が順に切り替わります。
左は色使いが多く賑やかですが残りの2種は白が主体であっさりしすぎた感じです。
右は時刻の書体がもっと太ければ視認性が増すと思うのですがどうなんでしょうかね?
欲を言えばもっと選択肢が用意されているとなお良いのですが致し方ありません。
また背景の画像を入れ替えたりといった機能はありません。

液晶表示の視認性もそれほど悪くなく文字も見やすいですが、少々輝度が足りないと感じます。
画面の輝度を調整することもできないので現状で使うしかないのが残念ところです。

スマートウォッチ FITNESS TRACKER F29の良い点・悪い点

しばらく使ってみてわかったこと、感じたことを良い点・悪い点で書き出してみます。

FITNESS TRACKER F29の良い点

  1. 価格が手頃
  2. 機能が多い
  3. 軽くて疲れない
  4. 意外と正確な計測ができるみたい
  5. 電池のもちが良い

1. 価格が手頃

なんといっても価格が低く手を出しやすい、期待外れでも笑って済ませられるのがいいですね。
この製品はたくさんのお店が販売していて、価格も4,980円〜2,480円とかなり幅があります。
万一このF29を購入する場合は、調べまくって価格の安いお店で買うのが当たり前ですがお得です。
ちなみにピーマンはYAHOOショッピングで最安値(だと思う)2,480円で購入しています。

2. 機能が多い

コロナ禍の今に合わせるように体温を始め血中酸素濃度計など数多くの機能を搭載しています。
後から付け加えることができないので、搭載機能が多いのはポイントが高いです。
主な機能は以下の通りとなっています。

  • 体温計測
  • 心拍数計測
  • 血圧計
  • 血中酸素濃度計
  • 歩数計
  • 歩行距離
  • カロリー消費量
  • トレーニング測定
  • 睡眠検測
  • 着信通知
  • LINE通知
  • メッセージ確認
  • IP67防水
  • 手首を上げて自動オン
  • バイブレーション機能
  • 省電力モード
  • スマートウォッチをスマホで探す機能
  • 時間表示:12時間制/24時間制(どうやったら変更できるのか不明)

3. 軽くて疲れない

仕様では本体重量18g・ベルト16gの全体で34gですからつけていることを忘れてしまうくらいです。

4. 意外と正確かもしれない

時計機能はスマホと同期するので正確な表示がなされます。

その他、すべてを念入りに確かめたわけではありませんが、歩数計とか血圧計・脈拍計など、それなりの値を表示しているように感じます。
例えば血圧測定、ピーマンは通常の血圧が80-130位なんですが、このスマートウォッチで測定すると上が120〜135位、下が80〜90位とまんざらでもない値を計ってくれます。
血中酸素濃度も普通に落ち着いているときは「99」を計測していますが、ウォーキングなどで息が上がったりしている場合だと「96」とかになるので意外とまともに計測しているように感じます。

もちろんこの手の機器には取扱説明書に「医療機器ではないので測定結果は参考値です」とかの注意書きがあるのがほとんどなので過信は禁物です。

5. 電池の持ちが良い

これは仕様で7日間となっていますが、実際に使ってみるともう少し持ちそうで、おおよそ9日〜10日くらいは大丈夫そうです。

FITNESS TRACKER F29の悪い点

  1. 画面表示が暗い
  2. 時計画面の種類が少ない
  3. タッチパネルの操作性が悪い

1. 画面表示が暗い

画像ではそれほど感じませんが、白昼に屋外で時計を確認した場合なかなか視認しづらいものがあります。
液晶画面ですから周りが明るいと見づらいのはあるあるなんですが、それでもやはり見にくいと思わざるを得ません。また、このスマートウォッチには液晶の明るさを調整する機能が付いていませんので現状で我慢するしかありません。

2. 時計画面の種類が少ない

これは先にも紹介したとおり、後にも先にも3種類しかありません。
他の同価格帯のスマートウォッチには画面の背景を任意の画像で差し替えられたり、多数のデザインから自由にダウンロード・設定できたりする機種もあるので、もう少し自由度があればなお良いですね。

3. タッチパネルの操作性が悪い

これはどのスマートウォッチでも同じだと思いますが、タッチパネルで機能の切り替えをするようになってます。しかし、操作が一方通行で戻ることができなず、行きすぎたらまたタップして進んでいき、元に戻ることしかできません。これは本当に煩わしい操作性といわざるを得ません。特に「通知機能」を見直すときはトップの時計画面から離れたところにあるので数回のタップを経た後でないとみることができません。面倒くさいです。行き過ぎたらまた同じ数をタップして通知機能に戻るしかありません。
※指紋マークを長押しで時計画面に直接戻ることはできます。

専用アプリ

専用のアプリは” JYouPro ”(無料)を使用することになります。
このアプリを使ってスマホ本体とスマートウォッチを同期させることになります。
アプリ自体も機能に過不足なく、測定したデータも見やすいよくできたアプリだと思います。
ただし、中国製のアプリです。だからどうってことは無いのですが、念のため。

起動画面

ここが起動時の表示画面です。
歩数計ですが、タップすると下の画面に切り替わり、1日の歩数、週ごとの歩数、月ごとの歩数が確認できます。
見通しが良くて使いやすいです。

睡眠状態の表示画面

心拍数の表示画面

血圧表示画面

体温表示画面

運動の表示画面

運動は、ワーキング・ランニング・ライディング・山登り・水泳の5種類が設定されています。

設備画面

各種設定やブルートゥースの解放などができます。

まとめ

使用開始から1月以上経ちますが、今のところ異常もなく動作してくれています。
正直なところ、価格の割によくできているスマートウォッチだというのが感想ですね。

操作性に難があるものの、お手頃価格なので日常使いにも気軽に装着できるうえ各種測定もこれまた気軽にできるなどつけていて楽しいし、結構満足できるスマートウォッチです。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

IT
スポンサーリンク
ピーマンをフォローする
ピーマンの戯れ言

コメント

タイトルとURLをコピーしました