【hackintosh】古〜いグラフィックスカードHD6850を試す|動くかな?

Hackintoshのお遊びネタです。
現在のMacOSが正式対応しているグラフィックスカードはAMDのRADEON系なのですが、当方で稼働中のHackintoshも、RADEON RX5500XTとRX580XTで、これらはさすがにMacOS側で正式対応しているグラフィックスカードだけあって特に不具合もなく快適動作しています。
ではでは、10年前のRADEON系GPU・HD6850を取り付けてみたらどうなるか…、お遊びでやってみました。
まともには動作しないだろうなぁと予想はしていたのですが、やっぱりまともな動作はしませんでした。

スポンサードサーチ

10年前のHD6850グラフィックスカード

HD6850

HD6850は2010年ころ発売された製品で、価格は12,000円くらいのミドルクラスグラフィックスカードでした。ビデオメモリは1MB・GDDR5となっています。
どの程度の性能だったのかというと、Dosparaでのベンチマークによると

  • HD6850=68
  • RX580=376

ですから、性能は6分の1くらいといったところでしょうか。

現在のローエンドの製品とも比べ物にならないほど低性能ですが10年前だとそこそこの性能を持ったグラフィックスカードだったんです。
自慢してもしょうがないですけどね!

スポンサードサーチ

動作確認

本体に取り付け

動作確認だけで恒久的に使用するわけではないので本体ケースの側板は外したままでRX5500と入れ替え続行。

電源を入れてみる

お〜っと、動いたよ。あまり期待はしていませんでしたが、なんとか起動してくれたみたいです。
でも正常ではない模様でハードディスクのアイコンがやけに大きい。

HD6850での起動画面

画面解像度を見てみると1280✕1024dotで、ビデオカードが10年前なら解像度も10年前という結果になってしまいました。

HD6850用のドライバソフトがないのですから当然といえば当然の結果で、画面表示されただけでもあっぱれといってやるべきなのでしょう。

すごいぞ、HD6850!

それでもMacOS側からはビデオカードの型番もビデオメモリの搭載量も取得できないみたいで、ディスプレイ・5MBと表示していました。

スポンサードサーチ

まとめ

予想外に画面表示はできる事がわかりましたが、こんな古いビデオカードを取りつけられたMacOSもおどろいていたのかもしれませんね。

現在のMacOSでもHD6850で表示はできるというだけで実用性は皆無ですので、ビデオカードを購入するなら最近の製品にしましょう。(^o^)

というわけで、お遊びネタでした。

タイトルとURLをコピーしました