【ダイソー多肉植物】シノクラッスラを購入した件|特徴や育て方は?

 

シノクラッスラ

久しぶりにダイソーで多肉植物を購入しました。
シノクラッスラですが、個人的には初めて見た多肉植物ですね。

スポンサーリンク

シノクラッスラ・インディカみたい

購入したシノクラッスラは調べてみるといくつかあるシノクラッスラ属の中の「インディカ」と呼ばれるものらしい。「インディカ」は学名ではなく流通名だそうだ。
寒い季節の屋外育成だと紅葉というか紫っぽく色づくそうですが室内育成で温々と育てると緑のままなのでしょうかね。

シノクラッスラ・インディカ

購入時のシノクラッスラ・インディカ

シノクラッスラ・インディカ

シノクラッスラ・インディカ?

苗の状態は良さそうなシノクラッスラ・インディカ

苗の状態は良さそうなシノクラッスラ・インディカ

ダイソーに陳列されていたシノクラッスラは入荷して間もないらしく上の写真のようにかなり状態が良さそうでした。売れ残って徒長した状態のものは購入をためらうことが多いのですが、この様子ならまず大丈夫だろうということで購入。価格は110円(税込)でした。

スポンサーリンク

シノクラッスラの特徴

ベンケイソウ科
シノクラッスラ属
生育型春秋型
育てやすさ普通
成長速度普通
増やし方株分け・挿し木
原産地中国など中央アジア

シノクラッスラの育て方

シノクラッスラの育て方ですが、難易度は難しくもないが簡単でもないごくフツ〜の感じらしい。

今は冬なのですが、冬期の育成上の注意点は以下のようになるとのことです。

栽培環境直射日光があたり、風通しの良い場所を好みます。霜にあてないよう軒下で管理しましょう。
水やり断水気味にします。葉の表面に張りがなくなったら土の表面が濡れる程度サラッと与えます。
病気風通しが悪かったり過湿になると根腐れの原因となるカビ類に侵食されます。
害虫特にございません。
植物の状態寒さに耐えるようにギュッと締まり、紅葉の最盛期となります。
植え替え・
カット芽挿し
植え替え、カット芽挿し共に可能ですが、土に肥料分が加わると紅葉が褪めます。
ポイント直射日光が当たらないと紅葉が褪めていきます。紅葉が褪めてきたら日光不足の状態です。

南関東では冬期は水やりを控えて良く日に当てながら、霜には当てないようにすることでうまく育成できそうです。もっと寒いところでは室内に取り込む必要がありそうですね。

スポンサーリンク

冬でも植え替え

12月下旬で冬の真っ盛りですがとりあえず室内育成の予定なのでシノクラッスラ・インディカを植え替えてしまいます。

ポットから抜いてみた

ポットから抜いてみると結構根がまわっています。用土もいつものように繊維質の多い保水性が極めて良さそうな乾きにくい感じですので、多湿を嫌うシノクラッスラにとってそのままでは扱いにくくなりそうです。

この用土は綺麗に取り払い、もう少し排水性の良いほどほどの保水性を持った用土に入れ替えましょう。

用土を崩してみると

かなり固くしまった用土をモミモミしてほぐしてみたのが下の画像。

細い根が取れてしまった

細い根が取れてしまったシノクラッスラ・インディカ

細い根が用土とともに取れてしまって貧相な根になってしまいましたがまぁ大丈夫でしょう。

良く見ると下の方に小さな子株が出かかっているのがわかります。

時間と共に育って株分けが出来るでしょうから傷つけないようにそっと扱います。

スポンサーリンク

植え替え後のシノクラッスラ・インディカ

植え替えの方法はいつのと同じなので、植え替え後の様子をご覧下さい。

植え替え後のシノクラッスラ・インディカ

植え替え後のシノクラッスラ・インディカ

2.5号プラ鉢に志多から1/3位軽石・赤玉土・鹿沼土の中粒を混ぜた土を入れて、その上に市販のサボテン・多肉植物の土を使用してあります。

LIFELEX サボテン・多肉植物の土

今回使用した用土は「LIFELEX サボテン多肉植物の土」です。価格は2Lで300円くらいでした。

配合用土は画像の通り「軽石・珪藻土・バーミキュライト」とごく普通の感じですが、粒がやけに細かいのが気になります。

細かいねぇ!

粒の大きさは2〜3ミリでその細かさがわかるというもの。排水性は良さそうなのですが実際はどうなんだろうと思いながらも使用してみました。

使ってみると乾きにくそうな用土

植え替えてから微塵抜きで水をバシャバシャかけるのはいつものことなのですが、1日たっても表面が乾いていない感じで、シノクラッスラ・インディカが腐らないかと不安になるほど。

画像は水やりから20時間程度経過した状態。
室内でLEDライト照射・風も当ててるしでこの感じですから乾きにくいのかね、この用土。細かいせいかもしれませんが保水性が良すぎると感じてしまいます。見た目は細かくていいんですけどね。

少し不安を感じていますが実験とばかりにこのまま様子を見てみます。シノクラッスラ・インディカには迷惑かもしれませんが。

心配するほどのことはなかった

そのご様子を見ていましたが、心配するほど保水性が良いわけでもなさそうで乾燥していました。
用土の表面に微塵がついていたのが水やりで落ちてしまい塗れたような濃いめの色に見えていたようです。

参考サイト

多肉植物図鑑(http://cactoloco.jp/dic/A255.html)
~多肉ちゃんこんにちは~多肉植物の育て方サイト(https://tanikuchan.com/sinocrassula/#Sinocrassula)

コメント

タイトルとURLをコピーしました