【レビュー】POWERADD 完全ワイヤレスイヤホン S9|音質・使い心地は?

POWER ADDのコンパクトな完全ワイヤレスイヤホンS9のレビューです。
モバイルバッテリーや充電機などで知名度のあるPOWER ADD社ですが、Bluetoothスピーカーやワイヤレスイヤホンなども販売しています。

このS9、購入価格はタイムセールだったせいか1,784円(7/4現在は2,099円)で購入できました。完全ワイヤレスイヤホンが2,000円もしないとは驚きです。
さて、その低価格完全ワイヤレスイヤホンS9の使い心地ですが、価格以上の性能と品質であるといえますね。

スポンサーリンク

POWER ADD S9の仕様

  • Bluetoothバージョン 5.0
  • 最大通信距離 10m
  • イヤホン本体バッテリー容量 50mAh
  • イヤホンケースバッテリー容量 450mAh
  • 定格入力 5V/1A
  • 連続再生時間 4時間
  • 防水等級 IPX7
  • AAC対応(aptXには未対応)

POWER ADD S9の特徴

高品質保証

様々な認定を持っています。日本の認定機構だけではなくヨーロッパ及び米国の認定も取っております。

電磁充電

電磁充電口で充電ケースがイヤホンをしっかり接続して、穏便にイヤホンへ充電できます。充電ケースからイヤホンを取ることも簡単。

Bluetooth5.0

Bluetooth5.0でより高くスマホへ穏便に接続できます。成熟な技術を運用し、ご使用の途中に音切れとか接続不良とか最大限度で減らすことができます。

ワイヤレス接続

ワイヤレスでスマホへ接続でき、記憶接続機能のもあり、二回目使うと充電ケースから取ると自動ペアリングでき、一般的のイヤホンと比べ線の邪魔することを避けます。

多機種対応

幅広いの機種が対応でき、iPhone/Android/PC/タブレットなどマーケットのデバイスにほぼ対応、一つ持ってば多くのデバイスに接続することができます。

左右分離式

片耳、両耳でも自由に転換できます。自分だけはもちろん、他の人にシェアすることもできます。

生活防水

IPX7防水で生活のあらゆる場合が対応できます、ランニングの汗、帰り道の小雨にも大丈夫です。

S・M・Lサイズのイヤーピース

人間工学にあうためS、M、Lサイズいやピス付けています。最適な使用感を体験出来るようにご耳に合うサイズを選んで使ってくだらい。

コンパクト

イヤホンとイヤホンケースはコンパクトにデザインされています。どこに置いても邪魔にならない、どこに行っても気楽に持って行かれる。サイズが小さくて、軽くて、また最高な体験を与えてくれるでしょう。

POWER ADD S9のパッケージ内容

  • 充電式収納ケース
  • Bluetooth イヤホン×2
  • USB充電ケーブル(30cm)
  • イヤーピース×3(S/M/L、Mサイズはイヤホンに装着済)
  • 取扱説明書(日本語を含む多国語マニュアル)
  • 感謝カード

メーカー保証

買った日から120日間の払い戻しと18ヶ月の品質保証を提供しています。
製品に対して何か問題(破損、欠陥など)がありましたらいつでもご連絡ください。弊社はからなず最優のサービスを提供しております。とのことです。

POWER ADD S9の外観

POWER ADD 完全ワイヤレスイヤホン S9

POWER ADD S9はごく普通の白い箱にパッケージングされています。
必要十分にして簡素でコンパクトなパッケージはかえって好感の持てるものです。

イヤホン本体がおさまる充電ケースは幅60×奥行30×高さ40ミリメートルと非常にコンパクトで、ポケットに入れて持ち歩いても邪魔にならない大きさです。

充電は充電ケース裏側にあるマイクロUSB端子から行います。
USB端子のうえに充電状態確認用の緑LEDが付いていますが、場所がUSB端子と近すぎるのか視認性がいまいちよくありません。やはり充電ケースの前面につけてほしいです。それに現在主流になりつつあるUSB-TypeCコネクタなら申し分のないところなのですが。

S9のイヤホン本体はキドニー型イヤホンとなっています。
ハウジングに取り付けられた物理ボタンでコントロールや着信応答を行います。クリック感のある物理ボタンなので、タッチセンサーのように誤って軽く触れただけで誤動作してしまうといった現象も起こしにくくなっています。

物理ボタンの周囲にはインジケーターランプが付いていて、状態によって赤と青に光るようになっています。

POWER ADD S9の使い心地

耳とのフィット感

メーカー販売ページより参照

人間工学に基づくデザインのせいなのか、耳に装着した感じは悪くありません。イヤーピースも大中小3種類が付属しているのでお好みに合わせて取り替えることで不満を感じる人はあまりいないのではないかと感じます。イヤホン本体も22ミリ×18ミリ程度と小型なので耳たぶにきっちりはまる感じで多少動いても落ちてしまうのではという不安感はほとんど感じません。

POWER ADD S9の音質

音質に関しては全くの個人的感想になりますが、このS9には総じて違和感は受けませんでした。至って普通の音質というかなんというか、よくあるドンシャリな音でもなく低音が強すぎるわけでもなくフラットな感じですね。
スマホやパソコンと接続して音楽を楽しむには十分でなんの不満も感じません。

ノイズも気にならない(自身の耳鳴りの方がおおきい)ですし、価格を考えると十分なデキなのではと思います。

音ずれ

Bluetoothを使用したオーディオ機器でとかく問題になる音ずれですが、AmazonPrimeで映画を見ながら口の動きと音のずれをチェックしてみましたが、音と映像のずれは感じられませんでした。

POWER ADD S9のペアリング

ペアリングは簡単にできます。

  • イヤホンケースから取り出す。
  • イヤホンの電源は自動でONになります。このとき、イヤホンのインジケーターが赤と青に交互に点滅します。
  • デバイス(スマホなど)のBluetoothをオンにして「S9」を検索します。
  • S9が見つかったらそれをクリックします。

再接続

再接続は何もする必要はありません。
イヤホンをケースから取り出すと自動で電源がONになり、元のデバイス(スマホなど)に自動的に接続されます。ただし、まれにうまく接続できない時があります。

POWER ADD S9まとめ

Poweradd S9は低価格ながらも必要なところをしっかり押さえ、コンパクトに仕上がった完全ワイヤレスイヤホンです。
完全ワイヤレスイヤホンを試してみたいけど手頃な価格の製品を探しているといった方には一考に値する製品だと思います。

2021年版S12も製品化されています。USB-TypeCコネクタの採用や充電状態の表示など見た目も内容も改良されています。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。

IT
スポンサーリンク
ピーマンをフォローする
ピーマンの戯れ言

コメント

タイトルとURLをコピーしました