PhotoshopでWebP形式の画像を扱えるようにするプラグインWebPShop

日常的に画像加工にはアドビ・フォトショップ(Adobe・PhotoShop)を使用しているのですが、このアプリは標準ではWebP未対応でした。

ブログなどを運営していると、どんなポンコツブログでも掲載用の写真を加工することは頻繁に起きます。Web用の写真ですから極力ファイルサイズを落とさなければなりません。今までは画像の様子からファイル形式としてGIF・JPG・PNGの3形式を選んでおけばよかったのですが、最近は新しいファイル形式「WebP」が幅を利かせてきているようです。
WebP形式で保存すると同程度の画質でもファイル用容量はより少なくなるそうなので試しに使ってみることにしました。

スポンサードサーチ

WebPとは

WebP(ウェッピー)とは、Googleが開発している画像フォーマットのことです。最近の画像形式のように思えるWebPですが、発表されたのは2010年からになります。拡張子は「.webp」です。
2020年9月時点での対応ブラウザは、Chrome、Firefox、Edge、Safariです。IE以外の主要ブラウザに対応となっています。
WebPはビットマップ画像なので、画像を拡大すると画質が劣化するのはJPGやPNG、GIFなどと同じです。

スポンサードサーチ

アドビ・フォトショップ(Adobe・PhotoShop)はWebP未対応

フォトショップはDTPの業務をする上で欠かせないアプリなんですけど、使い慣れているしWeb用の綺麗で軽いファイルを作ることもできるので重宝に使わせていただいているんだけど(もちろん有料・サブスクです)意外なところでつまづいたりするんですね。

いつものようにフォトショップで画像加工をしてWebP形式で書き出そうと思ったんですが、どこを見てもWebPの表示はなし。どうしてないんだ?(高いソフトだからあって当然だと思っていた)と思いつつ調べてみたところ、フォトショップは標準機能ではWebP形式に未対応だということがわかりました。残念!

フォトショップが標準で対応したファイル形式にはWebPはありません

フォトショップが標準で書き出しに対応したファイル形式にはWebPはありません

スポンサードサーチ

WebP公式のPhotoshopプラグイン WebPShop

使い慣れたフォトショップでWebPが扱えないことにがっかりしたのですがググったりして色々と調べていくと、なんとフォトショップに使用できるWebP対応のプラグインが存在しているではありませんか。

フォトョップはプラグインといったコバンザメみたいなソフトを追加することで機能を拡張することができるのですが、このプラグインを使うことでフォトショッオプでWebP形式を扱うことができるようになるというすぐれもののプラグイン、しかも無料で配布したいます。製作者には感謝感謝の言葉しかありません。

スポンサードサーチ

Photoshopプラグイン WebPShopのダウンロード

「Photoshopプラグイン WebPShop」は、GitHubというサイトの該当ページの中ほどのリンクから「WebPShop.plugin」をダウンロードします。

GitHubというサイトからWebPSopをダウンロード

GitHubというサイトからWebPSopをダウンロード

このページの下の方にある2つのリンク

ここのリンクからプラグインをダウンロードします

ここのリンクからプラグインをダウンロードします

上がWindows用PhotoShopプラグイン、下がMac用PhotoShopプラグイン用のリンクとなります。

MacOS用プラグインファイル

リンクをクリックするとZipファイルがダウンロードできるので、このZipファイルをダブルクリックするとWebPShop.pluginがあらわれます。
(これはMacでの結果です。Windowsですとアイコンが違うと思います)

圧縮ファイルをダブルクリックするとプラグンがあらわれます

圧縮ファイルをダブルクリックするとプラグンがあらわれます

Windows用プラグインファイル

リンクをクリックするとプラグインファイルがダウンロードできます。Mac用とは違って未圧縮のプラグインファイルですのでそのまま使用できます。

スポンサードサーチ

WebPShopプラグインをPhotoShopへインストール

PhotoshopのアプリケーションフォルダにあるPlug-insフォルダにプラグイン本体をコピーまたは移動するだけなので簡単です。

MacOSのPhotoShopの場合

Applications/Adobe Photoshop/Plug-insにWebPShop.pluginをコピーします。

 

Applications/Adobe Photoshop/Plug-insにコピー

Applications/Adobe Photoshop/Plug-insにコピー

WindowsのPhotoShopの場合

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop\Plug-insにWebPShop_0_3_2_Win_x64.8biをコピーします。

以上でWebPShop.pluginのインストールは終了です。

このあと念のためいちどPhotoshopを終了して再度立ち上げた方が良いでしょう。

スポンサードサーチ

PhotoShopでWebPファイルを開く

標準では扱えなかったWebPファイルですが、プラグインをインストールすることで普通に開けるようになりました。

WebPファイルを選択できるようになっています

WebPファイルを選択できるようになっています

スポンサードサーチ

PhotoShopでWebPファイルを保存する

WebPファイルを保存するには別名保存で行います。
別名保存にするとWebPshopを選択することができます。

WebPShopを選択して保存をクリックするとオプションが表示されます。
Qualityのスライダで画質調整(右側にある数字が小さい=低画質・大きい=高画質、デフォルトでは75)してOKをクリックすることでWebPファイルとして保存できます。

スポンサードサーチ

既存のファイル形式との比較

既存のファイル形式であるJPGとWebPファイルをファイル容量で比較してみました。
同程度の画質でファイル容量はどのように変わるのでしょうか?

元画像

ある程度の大きさがある方が比較しやすいので以下の画像で比較してみます。

JPG形式の画像

画像サイズ:800✕650pix 画像解像度:72dpi ファイルサイズ:66KB

JPG保存した画像

JPG形式で保存した画像

WebP形式の画像

画像サイズ:800✕650pix 画像解像度:72dpi ファイルサイズ:39KB

WebP形式で保存した画像

WebP形式で保存した画像

 

ほぼ同じように見える画質(WebPのほうが少し悪いかな)ですが、JPG=66KB WebP=39KB となりました。約4割ほどWebPのほうが画像サイズが減少しています。

すべての場合で同じ結果が出るとは限りませんが、WebP形式で保存することで画像ファイルのサイズがかなり減少することを期待できるでしょう。

WebP開発チームに感謝します

WebP開発チームに感謝します

PhotoShopでWebPファイルが読み書きできるようになるプラグイン「WebPShop」はWebP開発チームにより作成・公開されています。このような有用なプラグインを無償で作成・公開していただいていることに敬意を評するとともに感謝いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました