DIY感覚!ドライブレコーダーの取り付け

自分でドライブレコーダーを取り付けると聞くと非常に難しいことをやるように聞こえますが、そんな期待を裏切るほどカンタンにできてしまいます。
前部にドライブレコーダー本体を取り付け電源を配線するだけなら30分もかからない位カンタンな作業です。実際、前後両カメラを取り付けてみましたが、1時間もかからなかったですよ。

ドライブレコーダー本体を取り付ける

自分で車内配線を行うことにしているので、とりあえず配線が隠せれば良いということで気楽にやってみることにします。

取り付けに使用した工具などは…、ないです。な〜ンにも必要ありません。
配線材として、結束バンド配線留めなどがあった方が綺麗にできるかもです。
必要に応じて、ダイソーなどの100均で揃えて下さい。

さて、実際の取り付けですが、

電源はシガープラグから

ドライブレコーダーを動作させるための電源ですが、一番簡単で工作等も必要ないシガープラグから取ることにします。
これだと差し込むだけですからね。

電源はシガープラグから

電源はシガープラグから引きました。

プロが行う作業ですと、ヒューズボックスから配線を分岐させて電源にするとか、シガープラグを使うにしても、その裏側から配線を分岐させてとか色々あるようですが、コチラはシロウト、難しいことはできません。よって、おとなしくシガープラグを使うのが一番です。めんどくさくないし…。

本体の取り付けは吸盤で

ドライブレコーダーのパッケージには本体取り付け用の吸盤用ブラケットとテープ式ブラケットの2種が入っていますが、今回は吸盤式ブラケットを使用しました。

取付用ブラケット

左:吸盤式ブラケット 右:テープ式ブラケット

テープ式というのは強力な両面テープでフロントガラスににブラケットを固定する方式なのですが、これだと一度取り付けてしまうと位置を変更できないし、あまり両面テープとかをガラス面に貼りたくないので今回は却下としました。
こちらの方が強力なんですけどね。

取り付け位置に関して

フロントガラスにドライブレコーダーなどを取り付ける場合、法令上の制限があることに留意しなければ成りません。
設置しても良いエリアは「窓ガラスの縦の全長の、上部20%以内」と、決められています。

※法令(道路運送車両の保安基準第29条(窓ガラス)、細目告示第195条)に基づく細則により定められており、継続検査(車検)に適合しないため。また視界不 良による事故を防止するため。

フロントガラスの吊り付け範囲

フロントガラスの吊り付け範囲

上記に違反していると車検が通らないそうです。ちなみに、リアガラスにはそのような制限は無いようです。

配線の隠し方

シガープラグからの配線やバックカメラからの配線をどうするかですが、配線が隠れるようにするのですから、
車の内装の内側にケーブルを押し込むことになります。
難しそうだと思われるかもしれませんが、実際はとってもカンタンにできます。

車の内装、実はベコベコ

自動車の車内って綺麗に作られていいるように見えますけど結構ベコベコで、内装を指で押したりちょっとつまんで引っ張ったりすると配線コードを通すくらいのすき間はカンタンに確保できます。

自動車の内装

自動車の内装:一見綺麗に作られているのですが…

すき間ができる

指でちょっと押すだけでこんなにすき間が…。

このすき間にケーブルを押し込んでやればうまく隠すことができます。

写真の例は日産デイズですが、自動車の構造や製造方法等そんなに変わるわけではありませんので
ほとんどの自動車で同じように意外なほどカンタンにできるはずです。

配線の引き回し

各ケーブルの引き回しですが、ドライブレコーダー本体とシガープラグ、ドライブレコーダー本体と後部カメラの2系統を設置することになります。配線経路は大体こんな感じになるでしょう。

ドライブレコーダー本体とシガープラグとの配線

ドライブレコーダー本体とシガープラグとの配線

ドライブレコーダー本体と後面カメラとの配線

ドライブレコーダー本体と後面カメラとの配線

車種によって内装の作りなど様々なので、ご使用の車にあわせて臨機応変に引き回していただければ支障なくできるでしょう。多分ケーブルが長いので余ると思いますが、すきまに余裕のある場所でまとめて隠すなどするとうまくいきます。

ドライブレコーダーの取り付けと配線(日産デイズの場合)

日産デイズに取り付けた時の手順を記載します。特に難しいところも無いので、こんな感じなんだと受け取っていただければうれしいです。

本体の取り付けと配線

取り付け位置を決める

法令の決まりに従い取り付け位置に注意してフロントガラスにドライブレコーダー本体を取り付けます。

吸盤で取り付ける場合は後でやり直しがきくので良いのですが、両面テープでの固定の場合はまず仮止めして最適な位置なのかを確認して下さい。粘着力が強力なので気軽に剥がして再調整は難しいです。

デイズの場合は、ルームミラーの後ろ側では物理的に干渉してしまうので、写真のように左側につけるしかありませんでした。

ルームミラーの左側に取り付け

ルームミラーの左側に取り付けました

配線する

コンソールボックスの下部あたりでで余ったケーブルをまとめて隠したかったので本体側から配線していきます。

ドラレコからの配線

ドラレコからの配線:内装の切れ目に沿って配線していきます

シガーソケットまでの配線

シガーソケットまでの配線

コンソールボックスのところまで配線したら、先にシガープラグをソケットに取り付け、
ケーブルがどのくらい余るか見当をつけます。

余ったケーブルを適当に束ねて発煙筒(画像左下の赤い筒)の裏側に押し込んでしまいます。
他の配線もあるので、結束バンドがあれば一緒に束ねると更に安定します。

ここからシガーソケットまではフロアシートの下を通してしまえば簡単だしうまく隠れてしまいます。

フロアシートの下に這わせる

フロアシートの下に這わせる

これで本体側の設置は終了です。30分もかからなかったですよ。

エンジンキーをオンにすればシガープラグより電源が供給され、ドライブレコーダーがピロロ〜ンといった感じの音とともに動作を始めます。

リアカメラの取り付けと配線

リアカメラの取り付けも簡単に終わりました…となれば良かったのですが、付属の取り付け金具ではどうやってもうまくつけられず、最終的には取り付け金具を自作する羽目になりました。

リアガラスにカメラを取り付ける

リアカメラの取り付け

リアカメラの取り付け:取り付け金具はアルミ板で自作

リアカメラ本体は皆さんご存じのサイコロキャラメルくらいの大きさで軽いので、
両面テープでリアガラスに取り付ければすむんですがここで問題が。
付属の取り付け金具では逆立ちして考えても写真のように取り付けるのは無理でした。
仕方が無いので手近なアルミ板で金具を作ってしのぎました。
他のドライブレコーダーはどうなっているんだろう??

でもなぁ、amazonのレビューを見てみると、

  • 簡単に取り付けできました!
  • 時間もかからずカンタンにできました!
  • シロウトの私でもうまくつけられました!

なんてのが複数あるけど本当なのかなあ??本体の取り付けだけ???
何か特別な方法でもあるのかもしれませんが、私がドシロウトだから…かな??

それはとにかく、写真のようにリアガラスに取り付けることができました。
強度的に不安があったのですが、走り回っても画面がゆれることも無くそれなりに綺麗な映像が撮れましたので
めでたしめでたしです。

配線する

リアカメラは両面テープで固定してあるのでこちら側から配線をしていきます。
配線の引き回しは写真のように、内装の重なり部分をうまく利用してケーブルを隠しながらフロントピラーまで持っていきます。
デイズの場合は、車が小さいせいか後部カメラからのケーブルが1メートルほど余ったのですが、フロントピラーの内装内側が空洞だったのでそこにすべて押し込んで隠すことができました。

リアカメラケーブルの引き回し(日産デイズの場合)

リアカメラケーブルの引き回し(日産デイズの場合)

フロントピラーに隠し終わったら、ドライブレコーダー本体まで配線を持っていきます。

ケーブルと本体との接続は長さに余裕を持たせましょう。
引っ張り気味してしまうと断線など不具合の原因になってしまいます。

ケーブルの長さは余裕があるように

ケーブルの長さは余裕があるように

以上、リアカメラでちょっとつまずきましたが、おおむねうまく取り付けすることができました。

自分で取り付けるのが難しい場合

機械物は苦手な人には少々重荷に感じるかもしれませんね。やはり餅は餅屋で、オートバックスやイエローハットなどの
カーショップに取り付けを頼む場合もあるでしょう。
気になるのは作業工賃ですね。

ドライブレコーダーをカーショップで購入して取り付けてもらう場合と、通販などでドライブレコーダーを購入し持ち込みで取り付けてもらう場合とで工賃はかなり違うようです。

  • 各カーショップでで購入した製品の取り付けに関しては3,000円〜5,000円くらいで取り付けてくれます。
  • ネットショップなどで購入したものを持ち込んだ場合は、10,000円〜15,000円くらいが必要になります。

持ち込みの場合は車種や取り付けるドライブレコーダーにより変わってくるでしょうから、事前に問合せして大体の工賃を確認しておいた方が良いでしょう。

まあ、費用がかかる分経験豊富なプロが作業するので、出来上がりが素晴らしいのは保証付きでしょう。

AUTOSOCT(オートソクト) ドライブレコーダー映像サンプル

本体前面カメラの映像

解像度はフルハイビジョン(1920×1080)です。

jpeg圧縮しているのかブロックノイズが出ていますが、まあまともな映像が映っています。
これなら前車のナンバーも近づけば読み取れるでしょう。
それから映像全体が暗い感じもしますが、露出補正ができるので調整すればもっと明るくなるでしょう。

リアカメラの映像

リアカメラの解像度はグッと下がってVGA(640×480)です。

こちらもブロックノイズが出ています。さすがに解像度が低いので、
直後の車のナンバーでもかなり接近すればなんとか読み取れるといった感じです。

リアカメラの映像は鏡像になる

リアカメラの映像は通常左右が逆になった鏡像で録画されています。これは多くのドライブレコーダーでも同様の仕様になっています。運転しているドライバーがバックミラーで見ている景色をそのまま撮影することで、映像の正逆による混乱を防ぐためにそうなっているとのことです。

取り付ける価値のあるドライブレコーダー

車を運転することがある以上、いつ事故などのドラブルに巻き込まれるかわかりません。事故はとっさの出来事なので、記憶が曖昧で、被害・加害の程度や状況把握すら困難なこともままある事です。そんな時に肝心な場面が映像として残ってれば、これ程確かな事はありませんね。

ドライブレコーダーも数千円から数万円と価格に幅があるものの、その価値を考えれば手の届く価格帯になっています。
それなりの負担で一定の安心感が得られるとあれば導入しない手はありませんね。

後で見直すのも面白い

ドライブレコーダーに記録された映像は、旅先などでの走行記録でもありますから後で見直してみると結構感慨深いものがあります。記憶を呼び起こすデジャヴみたいな気分にも浸れますし、お〜ここ通ったな〜とか感動ものかもしれません。

あおり運転が恐い…のでドライブレコーダー取り付けてみました
あおり運転による被害・事件・事故に巻き込まれてしまったときに備えて万全の対策をしておこうというわけで、ドライブレコーダーを取り付けることにしました。自分で取り付けのではたして綺麗にできるのかどうか、きちんと動作してくれるのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました