あおり運転が恐い…のでドライブレコーダー取り付けてみました

最近はあおり運転による被害・事件・事故が多発しているようですね。自分も運転はしますのでいつか同じような事態に巻き起こるのではないかと不安を感じてしまいます。
その「もしも」に備えて万全の対策をしておこうというわけで、愛車にもドライブレコーダーを付けることにしました。
あおり運転だけでなく追突事故の場合にも映像記録が一応の証拠になりますからね。

売れているみたいですよ、ドライブレコーダー。

あおり運転・追突事故対策にドライブレコーダー

常日頃から交通事故の加害者にならないように気をつけてはいても、もらい事故などで被害者になってしまう可能性もあります。
そんな場合でもこれといった証拠がないと加害者に被害者面されてしまったりといったこともあるようですね
また、昨今では因縁をつける目的で意図的にあおり運転をしてくる輩もいるようですし、殴られたりしたらたまりませんよね

あおり運転

そんな時の備え(証拠を残す)の一つとしてドライブレコーダーが急速に普及してきているようです。
ちなみに、昨年度のドライブレコーダーの出荷数は259万台だったそうです。
今年はもっと増えるでしょうね。

みんなつけてるドライブレコーダーですね。

ドライブレコーダーを購入する

ドライブレコーダーの取り付けは自分でやることにしているので、購入はみんなのamazonにしました。

ドライブレコーダーの選択基準ですが、ポイントとして「画質」「画角」「駐車監視機能」

が大切なんだそうです。個人的には「価格」も気になるところですね。

というわけで、以下のように

  • 価格は5,000円〜10,000円
  • 前後2カメラタイプ
  • 画質はフルハイビジョン(フロント)
  • 画角:170°

と決めて、その項目を使用している商品を探してみたんですが…

あるわあるわ、同じような仕様のドライブレコーダー、価格はピンから切りまでですが沢山あるんでちょっとびっくり。

あやはのり国内産は少々お高めいで、安くても15000円程度はしそうです。
そんなくれに前後2カメラタイスープですとかとかてるかもじにゃないが予算内に収まのりそんなうあのりませいありません。

必要な機能を満たして、もう少しお手頃なものはないかというと、
やはり中華
製ドライブレコーダーになりますね。中華製と聞くと毛嫌いする向きもあるようですが、最近は品質も非常に改善してきているようで
価格と機能の兼ね合いで考えると検討に値するでしょう。

まぁ、中華製といえば千差万別、妙に安い商品にはとんでもないものもありますけどね。

あれこれ探してみたところ機能をみたしていてお手頃価格ということで選んだのがこれ。

ドライブレコーダー本体が4,980円で、別途マイクロSDカードがいるのですか、購入時はキャンペーンか
何かなのか、本体との同時購入で SDカードがほとんど無料で付いてくるという、おまけみたいなノリで手さらににすることができました。
しかも500円のクーポンまで適用されましたので、実際の支払額は4,480円となりました。

翌日確認したらキャンペーンはすでに終了しているようでした。ラッキーだったのかな?!

不定期でやっているのかもしれません。

パッケージ外観

パッケージ外観:箱のつぶれもなく綺麗な状態で配送されました。

ドライブレコーダーのパッケージ内容

ドライブレコーダーのパッケージ内容:ドライブレコーダー本体・取付用ブラケット×2種・バックカメラ+配線コード・電源アダプター・取扱説明書、あとSIMピンみたいなのが1つ、清掃用の布(これら2つは記載なしのおまけかな?)

ドライブレコーダー本体

ドライブレコーダー本体、作りはかなり良い

操作・設定スイッチ

操作・設定スイッチ:操作感はカチカチと小気味よい

本体上面

本体上面:左からリアカメラ入力端子、ミニUSB端子、取り付け用ネジ部

本体底面

本体底面:右にあるのがマイクロSDカードスロット

本体前面

本体前面:F1.8とこのクラスでは明るいレンズを使用している

付属の説明書もきちんとした日本語ちょっとおかしいところもあるのですが)で書かれています。

中華製にありがちな、なんとも意味不明な日本語でもなく、
真面目な日本向けといった感じがする製品ですよ。

おまけのマイクロSDカードが面白い

おまけ見たいな物ですからあれこれ詮索する必要もないのですが、あまりに怪しい外観だったものでつい…。

実際に同梱されてきたマイクロSDカードがこれ。

おまけのマイクロSDカード

おまけのマイクロSDカード、見るからに怪しそうな外観(^ _ ^;)

最初は花札かなと思ったのですが、よく見るとヘルメットをかぶった宇宙人?地球人??

一体誰なんだろう??

意味不明ですけど、こういったところが中華製の面白いところなのかもしれませんね。
何でもありといった感じで…。

パッケージの文字を見れば中国製だということは一目でわかるのですが、メーカーもわからないし(ググっても出てこない)本当に使える
のかとまずは動作チェック。

容量32Gbyteでクラス10のはずなのですが…、安い中華製マイクロ
SDカードは容量偽装とかも普通にあるようなので
Macで確認してみたところ…

おまけのマイクロSDカードを動作チェック

おまけのマイクロSDカードを動作チェック。FAT32フォーマットで容量31.3Gbyteなので取りあえず動きそう

容量は31.3Gbyteとパッケージの記載通りなのでおそらく使えるのではないかと思います。
実際使えました)

あとは車への取り付けですが、自分で埋めることで見栄え良くできるか心配なところではありますね。

DIY感覚!ドライブレコーダーの取り付け
実作業時間30分、DIY感覚でドライブレコーダーを取り付けてみました。これであおり運転対策もバッチリ…かな?!
タイトルとURLをコピーしました