【楽しい】ハーブガチャガチャ 育成記録|今度は大きく育ててみたい

見つけました。サボテンガチャガチャは以前ご紹介しましたが、先日おなじ場所のガチャガチャにハーブガチャガチャがあるのを見つけてしまいました。調べてみると、アマゾンなどでもハーブガチャガチャを販売しているようです。
サボテンガチャガチャのときは発芽の段階で失敗してしまいましたが、このハーブガチャガチャ、ぜひ成功させてハーブを大きく育ててみたいです。

ハーブガチャガチャ

ハーブガチャガチャ

スポンサードサーチ

ハーブガチャガチャの内容

ハーブガチャガチャには以下のものが入っていました。このあたりはサボテンガチャガチャと同じですね。
価格はハーブガチャ1回200円でサボテンガチャと同じでした。

ハーブガチャガチャの内容

ハーブガチャガチャの内容

ハーブガチャガチャに入っていたものは

  • プラスティック製植木鉢
  • ハーブの種(一つまみ位)
  • 膨らむ土
  • 説明書
  • 育て方を書いた紙

サボテンガチャガチャと同じように、ハーブを発芽させるのに最低限必要な用具と用品が入っています。

ハーブの種は4種類

サボテンと同じくハーブガチャも4種類の種(イタリアンパセリ・スペアミント・ペパーミント・バジル)のどれかがが入っているようで、育ててみなければどのハーブなのかはわからないように、シークレットな種になっています。
しかし種の入った袋をよく見てみると「レモンバーム」と記載があるではありませんか。
どうなっているのかと思った調べてみたところ、レモンバームは別名セイヨウヤマハッカと言われることもあるレモンのような芳香のするハーブで、ハーブティーにもよく利用されているとのこと、多分ミントの一種なんだろうということで納得。

ハーブの種は4種類:イタリアンパセリ・スペアミント・ペパーミント・バジル

ハーブの種は4種類:イタリアンパセリ・スペアミント・ペパーミント・バジル

スポンサードサーチ

ハーブ(レモンバーム)の種をまく

ハーブというとイタリアンパセリは育てたことがありますがレモンバームは初めてなので、同梱の説明書にしたがって種まきをします。発芽温度は20〜25℃・栽培適温は15〜25℃とあるので、部屋の中がぴったりです。あとは光ですが、窓辺において日光を当てるようにすればなんとかなるでしょう。適当だな〜。

種まきの手順

以下のように説明書の手順に従ってタネをまきます。このあたりはサボテンのときと同じですね。

説明書の手順に従ってハーブのタネをまきます

説明書の手順に従ってハーブのタネをまきます

  1. 中身を全て取り出します。
  2. 膨らむ土を袋から出しネットが開いている方を上にしてお手持ちの容器にいれぬるま湯を約20mlそそぎます。
  3. 土が5倍位に膨らんだら温度が下がるのを待ってからネットが切れている方を上にして付属のポットに入れます。
  4. 土の表面をつまようじなどでほぐし、種をまきます。この時種と種が重ならないように注意深くまきます。
  5. まき終わったら土を軽く抑えてなじませます。

手順通りですと膨らむ土はネットに入れたまま使うようにとありますが、これだと下の写真のようになってしまいます。ポットとネットの大きさが合わないのでなんか変な感じで種をまきにくいんですよね。

ネットに入れたままだとなんだか変な感じになる

ネットに入れたままだとなんだか変な感じになる

これではやりにくいので、今回は膨らむ土をネットから出して使うようにしてみます。

膨らむ土からネットを取り去る

こんな感じになりました。
ネットに入ったままより植木鉢らしくなったでしょ。

土をほぐして水をかけてみた膨らむ土

土をほぐして水をかけてみた膨らむ土

ハーブ(レモンバーム)の種をまきます

ハーブ(レモンバーム)の種をまいてみます。
種が入った袋にはけっこうな数の種が入っていました。小さいポットにこれを全部植えたのでは数が多すぎるので10粒ほど選んでまくことにしました。

ハーブ(レモンバーム)の種

ハーブ(レモンバーム)の種

10粒ほど蒔いてみました。サボテンの種と同じで、膨らむ土と種の色が同じなのでどこに種を蒔いたかわからなくなってしまいました。

どこに種をまいたかわからない

どこに種をまいたかわからない

スポンサードサーチ

今回は窓際に設置

部屋の温度は常に20℃以上あるのであとは窓際において光を確保することにしました。といっても裏庭に面した日当たりの良くない部屋ですから十分光を当てることができるかどうかわかりません。
温度を確保しつつ適当に場所を変えるしかないな。
あと、小さなポットなのですぐに乾燥してしまいます。水やりにも注意しなければいけませんね。
何日ぐらいで芽が出るのでしょうかね?

レモンバームがうまく発芽してくれると嬉しいのですが、どうなることやら…。
サボテンの失敗が脳裏をよぎります。

スポンサードサーチ

3月11日 種まき3日目

種まき3日目変化なし

種まきして3日が経ちましたが未だ変化なし。一体発芽まで何日ぐらいかかるのだろう??
脳裏をよぎる、サボテンガチャガチャの時の失敗…。

スポンサードサーチ

3月18日 種まき10日目 芽が出ました

小さな目が1本土から顔を出しています。残る9個の種はどうなるのでしょうか。
気温の関係もあるとは思いますが、種まきから発芽まで10日間以上かかるようですね。

レモンバームが発芽しました

種まきから10日でレモンバームが発芽しました

レモンバームの発芽の拡大

レモンバームの発芽を拡大してみました。

双葉がしっかりと開きました

次の日、双葉がしっかりと開きました。

スポンサードサーチ

3月28日 ちょっと残念な結果に

前回からさらに10日ほど立ちましたが、結果として1本しか発芽しませんでした。残念!
でも1本は順調に育っているようです。

本葉が2枚出てきました。

本葉が2枚出てきました。

スポンサードサーチ

レモンバームってどんなハーブ

レモンバームの基本情報

学名:Melissa officinalis
和名:コウスイハッカ 英名:lemon balm  その他の名前:メリッサ、セイヨウヤマハッカ
科名 / 属名:シソ科 / コウスイハッカ属

レモンバーム

レモンバーム

特徴

レモンバームは、明るい緑色の葉にレモンに似たフレッシュな「芳香(balm)」がある、多年草のハーブです。レモンと共通するシトラール(ゲラニアールとネラール)というさわやかな香りの成分が含まれ、ハーブティーとして人気があります。生の葉は、料理やお菓子にレモンの香りをつけるのにも利用されています。
夏に咲く、目立たない小さな白い花には、ミツバチが好んで集まります。元来、ハチミツを得るために2000年以上にわたって地中海地域で栽培されてきた蜜源植物で、学名のメリッサはギリシャ語のミツバチを意味するmelissaに由来します。ハチを引きつけるので、果樹のそばに植えておくと受粉を助けてくれます。

今から1000年ほど前には、ギリシャ人医師のディオスコリデスによってレモンバームの薬効が記述されるなど、薬用植物としての利用も広まりました。現在は、鎮静効果や鎮痛効果があるとされ、ドイツで神経性不眠症および消化器系に対し有効性が認められています。作用の中心である精油の含有量はとても少なく、乾燥すると香りが失われやすいため、乾燥レモンバームは品質の維持が難しいといえます。

耐寒性が強く、日陰でも栽培できるなど、初心者向きの丈夫なハーブです。また、こぼれダネで栽培適地へと広がり、ふえていきます。黄緑葉、黄色の斑入り品種には、日陰の花壇を明るく彩る園芸的な価値もあります。花が小さく地味な印象があるレモンバームですが、栽培は容易ですので、身近に育てて新鮮な香りを満喫したいハーブの一つです。

<レモンバームの利用法>
飲食用:ハーブティー、リキュール、サラダ、ハーブビネガー、魚料理、デザートや菓子の風味づけ、葉の砂糖がけ
香料用:入浴剤、ハーブ枕。精油をアロマテラピー、トイレタリー、化粧品
クラフト用:ポプリ、花束
園芸用:花壇
薬用:茶剤を精神的疲労や緊張の緩和に
出典:みんなの趣味の園芸

ハーブなのでさすがに利用方法が多岐にわたっています。
うまく育ったらレモンバームティーにでもしてみようかな。

タイトルとURLをコピーしました