弁護士「大河内真理子」《訴追弁護団代表》からの迷惑メールがうざったい

弁護士の大河内真理子から届く迷惑メール、かなり以前から無数に届いているのですが正直邪魔です。
12億3000万円を送金すると言ったり、メールは届いてますかだったりでなんなのですかね?

大河内真理子です。サクラなのでたくさんの顔を持っています。

スポンサードサーチ

12億3000万円の送金

大河内真理子からのメールはごく簡略な内容のものばかりなのですが少しずつ内容を変えて送りつけてきます。
文面3〜5行の内容ですから数作るのも楽ちんでしょうね。

ごらんの通り、ほんの少しづつ文面やリンクアドレスを変えていても詐欺メールには変わりがありません。
12億3000万円本当に送金してくれるのならウレシイのですけどね。

スポンサードサーチ

リンクをクリックしてみる

いつものようにリンクをクリックしてみます。
リンク先のサイトはもともとスマホを対象とした構成になっています。
詐欺メールの文面に合わせて上部にある文面は変えていますが、下のメール送信欄に記入されて返信させることが目当てなのでしょう。ただ、この件名と本分に何を記入したら良いかの説明は皆無ですので何を知りたいのかがはっきりしません。返信に使ったメールアドレスが欲しいのか?でもそれは詐欺メールを送ってきているのですでに知っていることでしょうし、理解不能です。

訴追費用3,000円が狙い?

色々調べていたところ、どうもこういうことらしい。

大河内 真理子と被害者救済機構窓口(もちろんこれもウソ)は、現金12億3000万円の振込支給のためには、訴追委任費用:3000円の振込みが必要といってお金を騙し取ろうとしていました。このように大金を受け取るために費用請求されるケースは悪質業者の詐欺のケースです。

さらに一度連絡を取るとさらにメールが増えてそのたびに請求額も上乗せされていくのだそうで、悪質さは一級品ですね。

スポンサードサーチ

お金を騙し取ろうとする詐欺メール

まぁ、常識的に考えても身に覚えの被疑者救済とやらで12億3,000万円を手にすることができるなんてありません。(本当ならウレシイですけどね)

迷惑メールは即ゴミ箱行き

大河内真理子とあれば「バカバカしいほどの詐欺メール」ですので相手にしないようにしましょう。
ゴミ箱行きで問題ありません。架空内容の詐欺メールですから。

コメント

  1. 飲茶 より:

    振込先が実体のない会社や関係のない業態の会社だったりで呆れますよね 結局振り込んだお金はどこに行っちゃうのでしょうね?
    名前使われる会社も迷惑でしょうに 詐欺に協力してるとみていいのでしょうか?

    • ピーマン ピーマン より:

      詐欺に協力しているというより勝手に名前を使われているケース多いのではと推測しています。
      追跡してみると実在の会社に行きついたりしますので。
      勝手に会社名を使われるのはほんとに迷惑でしょうね。困ったものです。

タイトルとURLをコピーしました