パソコンの余力で新型コロナウイルスのコンピューター解析に参加

スポンサーリンク

コンピューター解析プロジェクト

おうちに余っているパソコンや使用中でも余力のあるパソコンをネットワークでつなげて、コロ助(新型コロナウイルス)などの構造解析に協力できるというプロジェクトがあるそうなので早速参加してみました。

Folding@Home(フォールディング・アット・ホーム)プロジェクト

Folding@Home(フォールディング・アット・ホーム)は、計算生物学者(こんな学術分野があるんですね)らの率いるプロジェクトで、個人が所有するパソコンやゲーム機の余剰パワーを集め、解析データーの高速処理を実現しようという趣旨で行っています。

このプロジェクトの拠点は、アメリカにあるセントルイス・ワシントン大学で、プロジェクト開始後2週間ほどで40万人以上がプロジェクトに参加するための専用アプリをダウンロードしているそうだ。

多数のコンピューターをネットワークで接続、仮想スーパーコンピューターを構築する「分散コンピューティング」を利用した試みは20年前のアメリカのスタンフォード大学で始まったものだが、今回のプロジェクトでは、大規模な解析によりコロ助の構造上に治療薬が干渉できるポケット(穴)を見つけ出そうというもの。(らしい…ちんぷんかんぷんだな)

参加することに意義がある

医学や病理学などは門外漢であるピーマンには理論的なことは良くわからないのですが、自宅で遊んでいるパソコンを使うことで少しでもコロ助をはじめとする各種病原体の構造解析の手助けができればこんなにうれしいことはないと参加したわけです。

幸いというかなんというか、部屋に転がっているあまり使わないノートパソコン(東芝ダイナブック)でやってみることにしました。

参加方法

プロジェクトへの参加方法はいたって簡単です。ものの3分ほどで完了するほどです。

スポンサーリンク

専用プログラムをダウンロードする

Folding@Homeのホームページのダウンロードページよりご自分のパソコンの種類に応じたプログラムをダウンロードします。
大体30Mbyte位のソフトですのでインターネット回線の状況にも寄りますが、長くても数分で終了するでしょう。
Windows・Mac・Linuxなどほとんどのプラットフォームを網羅しているようです。

Folding@Homeダウンロードページ

Folding@Homeダウンロードページ

プログラムをインストールする

ダウンロードしたプログラムを実行するとインストールが始まります。
インストーラーの指示に従って下さい。

インストールが終わるとウインドウが出るので、Start Foldingボタンを押すと解析が始まります。

と言ってもすぐに始まる場合もあればかなり待たされる場合もあるので、気長に待ってみて下さい。

このウインドウのStart Foldingボタンを押す

このウインドウのStart Foldingボタンを押すと解析が始まります。

進行状況の確認

進行状況はブラウザで確認できます。

インストール後の初期状態では

  • 負荷(Power)は Light 
  • 稼働(Whhen)は While I’m working(常時稼働) 

となっていますが、ここでいくつか設定を変更することができます。

  • Power:パソコンの能力をどの程度振り向けるかを、Light・Medium・Fullの3段階から選ぶことができる。
  • When:While I’m workingで常時稼働、Only when idle を選ぶとPCで作業していない間だけ稼働する。
  • I support research fighting:どの種類の構造計算に参加するかを選べる。新型コロナウイルスの場合は「Any disease」を選べば良いみたいです。
動作確認・設定画面

動作確認・設定画面

稼働停止したい時

左下の Stop Folding をクリックすると選択画面が出るので

  • すぐに停止したい場合は Stop Now
  • 現在進行中の計算を終了してから停止させたい場合は Finish up,then stop

をどちらかクリックすれば停止します。

チームとして参加する

個人として参加するのももちろんアリですが、面白い機能として Change Identity をクリック・設定することで、現在稼働中のチームに加入する事ができます。

なんのメリットがあるのか良くわかりませんが、参加しているという自己満足は得られます。

ちなみに大手企業もチームを組んでいて、一例としては、ASRockが「ASRockMania」というアイデンティティでチームを作って参加を呼びかけています。チーム番号252872を設定することで、あなたも私も誰でもASRockManiaに参加できるようになります。

Folding@Home参加してみて

何がどう変わるということもなく、日頃お使いのパソコンでプログラムを稼働することで気軽に参加でき、微力ながら社会貢献もできる、自己満足の極致かもしれませんが、参加することに意味があるですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました