イソジン(ポビドンヨードうがい薬)ありますか?!売り切れで〜す!!

スポンサーリンク

巷ではイソジン(ポピドンヨードうがい薬)をはじめとするうがい薬の売り切れが頻発しているようです。

第2のマスク・トイレットペーパーになるのか、すでにメルカリなどで高額転売も行われているようで

イソジンうがい薬騒動は収まる気配がありません。

うがい薬売り切れ騒動の発端は吉村大阪知事の6日の記者会見での発言

うがい励行

うがい励行

吉村大阪知事は8月4日の記者会見で、

新型コロナウイルスの軽症患者がポビドンヨードを配合したうがい薬を使ったところ、唾液内のウイルスが減少した

出典:ITmedia ビジネスオンライン

として、うがいの励行を呼び掛けところ、その直後からドラッグストア店頭では「イソジン」などうがい薬のの売り切れが相次ぎ、製造会社関連株まで急騰したというもの。

大阪市内にあるドラッグストアでは

4日の記者会見の直後から売り場に人だかりが出来て、用意してあったうがい薬がすぐに売り切れたということです。
店の担当者によると、4日は閉店時間まで、客からうがい薬の在庫や入荷時期についての問い合わせが相次いだということです。
また、SNS上でも「ホームセンターに行ったらうがい薬の棚が空だった」とか、「ふだん使っているうがい薬が売り切れて困る」といった書き込みも見られました。

出典:関西NHK NEWS WEB

通販サイトを調べてみても売りきれ・在庫無しが多いですね。

スポンサーリンク

発言の土台となった研究では

府内の宿泊施設で療養中の軽症患者41人に1日4回、ポビドンヨードを配合したうがい薬でうがいをしてもらった患者と、しなかった患者の唾液についてPCR検査を実施。しなかった患者は4日目で約40%が陽性だったのに対し、うがいをした患者は約9%と低かった。

出典:ITmedia ビジネスオンライン

といったもの。

すでにコロナウイルス(武漢肺炎)に罹患した軽症患者にうがい薬によるうがいを励行してもらったところ陽性率がさがったという話がいつのまにか「うがい薬はコロナウイルスに効果がある」として一人歩きしてしまったというのが現実のようです。

テレビの情報バラエティ番組ミヤネ屋で会見をやったことで一気に広まってしまったようです。
まだまだテレビの力は侮れませんからね。SNSも強力だけど、中高年の情報源は未だに新聞・テレビという方が多いでしょうし。

5日になって吉村知事は

今回の発言は、ポビドンヨードのうがい薬を使うことで、コロナウイルスそのものが殺菌され減少していく、この1点につきる。予防薬でもなければ治療薬でもない

出典:TBSニュース

とあえて訂正しています。

コロナに対する治療薬でも予防薬でもないので、勘違いしないでね!誤解しないでね!

というところなのでしょう。あまりに急激な発言の拡散と売り切れ騒動になってしまったのでビックリ、大慌てで訂正したのでしょうかね。まぁ、それだけ一般の方々がコロナウイルス(武漢肺炎)に漠然とした恐れを抱いている証拠でしょうか。

うがい薬の使いすぎは逆効果なこともある

うがい薬は確かにのどや口腔内を殺菌する効果があるのは間違いないのですが、使いすぎると逆効果になる事もあるそうですよ。

  • ウイルスはのどや鼻、肺に届いた段階ですみやかに身体の細胞内に入り込んでしまう為、ある程度の時間の経過後にうがいしても意味があるのか
  • ポピドンヨードを使うことでウイルスだけでなく元々口腔内に存在していた細菌類を根だやしにしてしまう
  • 結果、かえって身体の防御力が落ちてしまう
  • 唾液でPCR検査を行った場合に、実際は陽性なのに陰性判定されてしまう恐れがある

などなどが考えられるそうです。
特に、陽性なのに偽陽性判定になってしまう可能性というのはまずいですよねぇ。
それでなくても唾液からのPCR検査はいろいろと難しい面があるようですしコロナ感染の実態(感染者数や感染率)を覆い隠すことになってしまう可能性もありますからね。

スポンサーリンク

予防薬でも治療薬でもない

うがい薬はコロナ治療薬ではない

うがい薬はコロナ治療薬ではない

吉村知事が訂正したとおり、イソジンをはじめとするうがい薬が
コロナウイルスの治療に効果があるというのは間違いでしょうね。
うがい薬で口腔内を殺菌しておけば感染予防になるかも…
といった程度の話みたいです。

くれぐれも効果を過信して買い占めなどに走らないようにしたいですね。

妊婦さんや甲状腺に異常のある方は要注意

最後に、ポビドンヨードを含んだうがい薬などは妊婦さんや甲状腺に異常のある方などは特に注意しなければなりません。どちらかというと使わない方がよいでしょう。

妊婦さんへの影響

妊婦さんや授乳婦さんが、ヨウ素系うがい薬(ポピドンヨードうがい薬など)によるうがいを行うと、容易に1日のヨード摂取量を超えてしまうのです。
甲状腺の主原料であるヨードの1日あたりの摂取量上限は
妊婦さんや授乳婦さんの場合は2mg/日(一般人は3mg)となっています。
妊娠中や授乳中におけるヨードの過剰摂取はお母さんだけでなく赤ちゃんの甲状腺機能にも影響する場合があるそうですので、ヨード系うがい薬の使いすぎは避けた方がよいのです。

甲状腺に異常のある方への影響

ポビドンヨードの主成分である「ヨウ素」は殺菌能力で知られているが、同時に甲状腺に悪影響を与えることも知られていて、安易に考えて使いすぎると甲状腺機能に異常をきたし思わぬ体調悪化をもたらす可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました