NTTドコモの新料金プラン「ahamo」本当にお得なの?注意点は?

ahamo(アハモ)

3大キャリアのひとつ、NTTドコモが2021年3月から「ahamo(アハモ)」という新料金プランの提供を開始するそうです。
WEBでの手続きに特化しコストを抑え、通信量20GBが月額2,980円(税別)で利用できるようになります。
もちろん5分以内の固定電話定額(対象外番号あり)も利用できます

スポンサードサーチ

新プラン「ahamo」の特徴

NTTドコモが打ち出した新プラン「ahamo」はオプションが少なく手数料もほとんどかからないというある意味割り切ったサービスプランであるといえます。
政府からの要請で、仕方なく打ち出したプランにしては思いきった内容のようにも見えます。

スポンサードサーチ

ahamoのプラン概要

今までのスマートフォンの契約プランというと様々なオプション(家族割りとか学生割りとか)を組み合わせて価格が決まっていましたが、この新プラン「ahamo」は、こういったユーザーにとって理解しがたい面もあった複雑な諸プランを極力減らし、わかりやすいシンプルな料金体系にしたところが最大の特徴でしょう。

  • 月額2980円(税別)
  • データ容量は月間20GB(超過後は最大1Mbpsで通信可能)
  • 通話料は1回あたり5分まで無料で、5分以降は30秒あたり20円(税別)
  • 4G・5Gのネットワークに対応
  • 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料は無料
  • 2年の定期契約や解約金はなし。
  • 1000円につき10ポイントのdポイントを付与。
  • 82の国や地域で追加料金なしでデータローミングが利用可能(容量は国内の20GBから消費)
  • SIMのみの契約も可能。

といった競合他社のプランと比べてもリーズナブルな内容となっています。手数料がほとんどかからないことも好評価の点です。そのうえこれからの通信規格である5Gも対象になっているのはウレシイですね。

5G

スポンサードサーチ

オプション概要

新プラン「ahamo」のオプションとして用意されているのは以下の2つのみ

  • 通信容量オプション:1GBあたり+500円
  • 国内通話かけ放題オプション:+1,000円

複雑なオプションを組み合わせざるを得なかった今までのプランと比べると単純明快な構成であることは評価できる点ですね。

通信容量の追加は1GBで500円ですか。ちょっと高いようか気もしますが、20GBでYouTubeやビデオ通話、映画・動画配信サービスなどを利用すると、大体40時間程度は動画を見られる計算になります。(1GBで2時間程度)これが多いか少ないかは利用状況で変わってきますが、自宅ではwifiを使うなどして通信量を抑えれば20GBで足りなくなることはあまりないのではと推測できます。
それにしても、5GB増量すると2,500円ですから、やっぱり高いような気がします。合計で5,480円ですからね。
たくさん動画を見る人ってどのくらい使うのでしょうかね。

スポンサードサーチ

新プラン「ahamo」の注意点

新プランは今までの料金プランとは大きく異なるので、魅力的なプランである反面注意しなければならない点もいくつかあります。

  • 新規契約や契約内容変更などは原則専用ウェブページのみでの受付
    (ドコモショップやインフォメーションセンターでは取り扱われない。)
  • ファミリー割引・家族間無料通話は対象外。
  • 「みんなドコモ割」の回線カウントにも含まれない。
  • 既存プランからahamoへの移行の際は、ドコモでの契約年数はリセットされる
    (電話番号は保持、移行時に手数料はかからない)。
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp)は使えない
  • 支払いは口座振替かクレジットカードのみ
  • 他のサービスとの一括支払いはできない。ahamoは個別の扱いになります。
  • ahamo同士での一括払いもできない。契約後との個別支払いになります。
  • 端末が故障した場合は専用アプリやチャットでの対応となります。ドコモショップでは一切対応しません。
  • 端末故障の場合、代替機の対応はあるが、専用アプリやチャットのみの対応で確認後郵送となります。
  • ケータイ保証サービスはプラン変更と同時に解約になります。(5月以降の扱いは検討中)
  • SIMの再発行は、専用アプリで可能です。
  • 年間契約違約金対象プランからahamoへ変更した場合でも違約金は発生しません。
  • ドコモ光との割引はありません
  • 解約手続きは専用アプリでのみ対応。ドコモショップでは一切対応しません。電話での問い合わせも対象外。

顧客対象は単身の若者?

これを見ると、手続き関係は全てオンラインに統一されているようで、顧客として「単身の若者」を対象にしているようですね。
若者なら専用アプリやチャットのみでもあまり抵抗なく受け入れてくれるだろうと考えているのでしょう。
こういった簡素化でコストダウンをはかっているのでしょうか。

また、既存のプランからahamoに変えるためにはMNPを使って回線そのものを移転する形になるようですので、単なるプラン変更とは違う扱いのようです。(MNPは2021年5月までのようです)
ドコモでの契約年数がリセットされてしまうところからも、全く違うシステムに乗り替えるのだと理解すべきでしょう。

これらを考え合わせると、DOCOMOといいながら「事実上のサブブランド」ですね、今のところ。
サブブランドとして計画していたのが総務省のご方針により急遽メインブランドでの料金プランに格上げしたのだがシステムの準備が間に合わなかったのでとりあえず発表した…といったところではないでしょうか。

また既存客からすればキャリアメールが使えないのは悩むところではないですか。特にスマホを仕事で活用している方にとってはなかなかメールアドレスは変えづらいでしょう。

ショップの窓口でトラブルが起きないかな?

顧客など身勝手なもので、窓口で

  • なんで窓口で契約できない!!
  • なんで受け付けない!!!

などと騒ぐ輩がでそうですね。
対応を考えておいた方が良いような気がするが、よけいなお世話か。

ドコモの既存プランからの移行は「MNP」が必要(2021年5月まで)

新しい料金プラン「ahamo」に既存プランから移行する場合はMNP(番号ポータビリティ)の手続きが必要となります。(MNPは2021年5月までのようです

具体的な手順は以下のようになります。

  1. ドコモの既存プランでMNP転出手続きをおこなう
  2. 発行されたMNP予約番号を使いahamoの新規契約をおこなう(電話番号はこれで引き継がれます)

この手続きに必要な各種手数料(MNP転出手数料・契約解除料)は無料となります。
ahamo側の手数料はもともと無料ですので、変更にともなう手数料は無料となります。

以前はMNP転出手数料だけで2,000円以上していたはずなので大きな進歩ですね。

スポンサードサーチ

既存のドコモユーザーならMNP予約不要に

NTTドコモは、既存のドコモユーザーが「ahamo」へプラン変更する際のMNP手続きを、サービスを開始する3月当初から不要にすると発表しました。

当初、システム改修が間に合わないことを理由に、5月までの間はMNP手続きが必要と説明していました。今回、システム改修の前倒しにより、不要化が実現したとしています。
出典:YAHOOニュース

12月18日の発表ですが、システムの改修が間に合ったようですね。
これでMNP予約番号という煩雑な手続きがどこもユーザーなれ不要となりました。
通常のプラン変更と同じく、専用のwebサイトでの簡易な手続きのみで契約可能となりました。

スポンサードサーチ

ドコモ、2021年4月1日にMNP手数料廃止

 NTTドコモは、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)手数料を2021年4月1日から廃止し無料とすると発表。

 NTTドコモは、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)手数料を2021年4月1日から廃止、無料とする。  現在、ドコモから他キャリアに乗り換える際には、3000円(プランにより2000円)のMNP手数料が設定されているが、21年4月1日以降は、Web窓口をはじめ、ドコモショップの店頭やコールセンターでの手続きでも0円となる。  MNP手数料をめぐっては、総務省の有識者会議においてWeb手続きの場合は原則無料、店頭でも1000円以下へ減額の方向性が打ち出されていた。
出典:YAHOOニュース

以前、auからIIJに乗り替える時、MNP手数料支払いましたよ。その時も手数料は横並びの3,000円だったかな。
auの電話窓口にて解約の用件を伝えMNP番号を発行してもらうだけで、なんで3,000円もかかるんだと疑問でした。
無料になるのはスマホユーザーからすれば有難いのですが、ドコモとしてはMNP手数料を廃止してもドコモから転出するユーザーはそれほどでもないと予想できたのでしょうね。
乗り換えはプラン変更でahamoによろしく!と言うことなのでしょうか。

スポンサードサーチ

まとめ:新料金プラン「ahamo」は買いか?

ドコモの新プラン「ahamo」は確かに魅力的なプランであるのは間違いありません。しかし、ドコモの料金プランである「ギガホ」「ギガライト」も12月中旬に値下げをする見込みであることや、ahamoのプラン内容もサービス開始時までに変更が加わることも十分考えられます。

さらにahamoサービス開始の来年3月までに競合他社であるau・ソフトバンクも負けず劣らずの新プランを考えてくるでしょうから各社の新プランがはっきり示されてから選択してもおそくはないでしょう。

スポンサードサーチ

ahamoの先行エントリー受付中です

ahamo利用の先行者利益として、3つの手順を踏むとdポイント3000ポイントがもらえる「先行エントリー」受付中です。

エントリー手順は上の図の1〜3までを行う事で、dポイント3000ポイントを手にすることができるというキャンペーンです。

3000ポイントまでの3ステップ

  1. 先行エントリー(2021年ahamo開始日までにエントリー)
  2. サービス開始後ahamo契約
  3. dポイント獲得手続き(2021年5月31日まで)

取得dポイントが3000ポイントですから「1ポイント=1円」として3,000円、ahamoの料金1ヶ月分が無料になるのとほぼ同額ですね。

1ヶ月無料だよ〜、みんなahamoに加入しよう〜〜‼

といったところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました