お客様の アマゾン でのご注文を出荷できません はフィッシング詐欺メール

スポンサーリンク

お客様のアマゾンでのご注文を出荷できませんというメールはフィッシング詐欺サイトからの誘導メールです。
騙されて個人情報を入力しないように注意が必要です。

お客様のアマゾンでのご注文を出荷できません

今回も「お客様の アマゾン でのご注文を出荷できません」という件名のAmazonを装ったフィッシング詐欺メールが届きました。クレジットカード情報を更新しないとAmazonプライム会員の資格が失効するよという脅迫メールです。

届いた偽メールの文面は以下のようなものでした。

「お客様の アマゾン でのご注文を出荷できません」という件名のAmazonを装ったフィッシング詐欺メール

「お客様の アマゾン でのご注文を出荷できません」という件名のAmazonを装ったフィッシング詐欺メール

 

アマゾンプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のアマゾンプライム会員資格は、2020/10/14に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
アカウントサービスからアマゾンプライム会員情報を管理するにアクセスします。
アマゾンプライムに登録したアマゾンのアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
アマゾンプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のアマゾンプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

支払方法の情報を更新する

© 2020アマゾン.com. All rights reserved. アマゾンのロゴ、アマゾン.co.jpおよび、アマゾン.co.jpのロゴは、 アマゾン.com, Inc.またはその関連会社の商標です。 Reference 61399
http://amazonpay.webstarterz.com/cgi-sys/suspendedpage.cgi?catchmeshit

Amazonプライムへようこそと言われてもねぇ。
ご丁寧に1〜4まで更新手順をご説明頂いて有難い限りです。これで更新作業に手間取ることもないでしょうね。

冗談はさておき、それらしく作ってありますが全くの偽物ですから困ったものです。
心当たりのある方や慌ててしまった方などうっかりログイン画面に誘導されてしまうかもしれません。

リンクをクリックするとどうなるか?

いつものようにリンクをクリックしてみます。どこへ飛んでいくか興味津々です。

リンクは2個所

  • Amazonプライム情報を管理する
    リンク先アドレス:http://amazonpay.webstarterz.com/cgi-sys/suspendedpage.cgi?catchmeshit
  • 支払い方法の情報を更新する
    リンク先アドレス:http://amazonpay.webstarterz.com/cgi-sys/suspendedpage.cgi?catchmeshit

の2個所です。リンク先アドレスは同じなのでオレンジ枠の「支払い情報を更新する」をクリックしてみます。
すると、リンク先のサイトは稼働していないらしく、以下のようなエラー画面がでてしまいました。

送信元を探る

いつものようにメールヘッダを表示させてみると

Return-Path: <pwyhgkefw@jdafi.biz>
Delivered-To: ●●●@●●●
Received: (qmail 26294 invoked from network); 14 Oct 2020 21:48:47 +0900
Received: from unknown (HELO mgw2.zenno.net) (192.168.0.147)
by msv2.zenno.net with SMTP; 14 Oct 2020 21:48:47 +0900
Received: from mgw2.zenno.net (localhost [127.0.0.1])
by mgw2.zenno.net (Postfix) with ESMTP id 861C390314
for <●●●@●●●>; Wed, 14 Oct 2020 21:48:47 +0900 (JST)
Received: from mgw2.zenno.net ([127.0.0.1])
by mgw2.zenno.net (mgw2.zenno.net [127.0.0.1]) (amavisd-new, port 10024)
with ESMTP id U5IJzhLnoivH for <●●●@●●●>;
Wed, 14 Oct 2020 21:48:47 +0900 (JST)
X-Envelope: S25R_match
Received: from jdafi.biz (unknown [111.77.98.241])
by mgw2.zenno.net (Postfix) with ESMTP id E5DA59030A
for <●●●@●●●>; Wed, 14 Oct 2020 21:48:46 +0900 (JST)
From: Amazom.jp <pwyhgkefw@jdafi.biz>
To: ●●●<●●●@●●●>
Subject: お客様の アマゾン でのご注文を出荷できません
Date: Wed, 14 Oct 2020 20:48:36 +0800
Message-ID: <0090bf0c1c36$9585b0b5$e443961a$@jdafi.biz>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/alternative;
boundary=”—-=_NextPart_000_0968_010758C6.1A8B7240″
X-Mailer: Microsoft Outlook 16.0

送信元のメールアドレスは Return-Pathをみると「pwyhgkefw@jdafi.biz」となっています。
住所検索をしてみたところ、不明とでてしまいました。
もう一つの手がかりであるIPアドレス「111.77.98.241」を住所検索してみたところ、発信場所は中国・江西省 南昌市となりました。

Amazonがわざわざ中国からメールを発信するわけはないでしょうからフィッシングメール確定ですね。

お客様のアマゾンでのご注文を出荷できません はフィッシング詐欺メール

だんだんと巧妙になりつつあるフィッシング詐欺メール、日頃から騙されないように注意しなければなりません。
悪質なメールではメールを開封しただけで

  • ウイルスに感染してしまったり
  • 個人情報を抜き取られたり

されてしまうケースもあります。

身に覚えのない件名のついたメールは開封せず即行でゴミ箱行き、そして削除が一番の方法で安心できる方法です。

念のためこちらもご覧になって下さい。

Amazonからの通知メールはAmazonの公式ページにあるマイページーメッセージセンターで確認することができます。
正規の通知であれば該当メールが見つかりますが偽のメールはありませんので確認できます。
詳しくは

Amazonをかたるフィッシング詐欺メールにご注意ください

をご覧下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました